PAPALOG

ユニバース倶楽部のお手当の相場はいくら?現役パパが徹底解説!

更新日時:2020年02月05日 11:21

ユニバース倶楽部でパパ活をしている女性やこれからユニバース倶楽部でパパ活をしたい女性の皆様にとって、一番興味があるのが『お手当』の事ではないでしょうか?

スゴイ重要でみんなが興味のある事なのに実情がなかなか分からないユニバース倶楽部のお手当事情・・・。

SNS等では『ご飯だけで〇十万円貰っちゃった!』なんてのも見かけますが、基本、そう言った情報はほぼインチキです。

ネットの情報は何故か金額がインフレ化する傾向があり、男性も女性も困ってしまいますよね?

また、インチキな情報を元にお手当交渉をしたら、非常識と思われて関係が継続しなかった・・・という方もいらっしゃるのではないかと思います。

この記事ではユニバース倶楽部の男女会員向けに

  1. ユニバース倶楽部のリアルなお手当相場はいくらなのか?

  2. ユニバース倶楽部の男性会員はお手当をどう考えているのか?

  3. どうすればお手当が上がるのか?

・・・を現役のユニバース倶楽部男性会員並びにTheSALON会員の私が解説すると共に私のお手当に対する考え方を書いていきたいと思います。

このページのもくじ

  1. ユニバース倶楽部の初回デートでは必ず交通費が貰える
  2. 食事のみのデートの場合のお手当の相場
  3. 大人の関係ありのデートの場合のお手当の相場
  4. お手当の決め方
  5. ユニバース倶楽部のお手当の相場は『試用期間のお手当』と考えよう
  6. お泊り、旅行、買い物などをした場合のお手当について
  7. 長期交際になるとお手当が月極になる事も
  8. まとめ:男性は柔軟さを女性は謙虚さを持ちましょう

ユニバース倶楽部の初回デートでは必ず交通費が貰える

ユニバース倶楽部では、男性が女性にオファーを出し、日程が合えばデートをする形になります。

この際、男性は女性に対して『交通費』という名目で5000円~10000円を渡すという事がルールとして義務付けられています。

従って、オファーが入って初回デートをする場合には最低限5000円~10000円がもらえるという事になります。

※『交通費』という名称であるだけで、実際にはデートに来てくれた事に対する男性からの謝礼という事になります。実際の電車賃などではない点に注意して下さい。

※遠方などの場合に名実共に『交通費』がある場合もありますが、それについては後述します。

5000円だからケチというわけではない

私も回答者をやっているユニバース倶楽部の質問箱では、『デートに行ったのに交通費が5000円でした!失望しました!!』等と言った意見もあります。

ユニバース倶楽部のルール上、『5000円~10000円』と決まっていますので、5000円以上であれば問題がなく仮に5000円であったとしても苦情を言ったりケチと思ったりするのはお門違いです。

交通費については1万円派の人が主流で、私も常に1万円を渡しておりますが『5000円が普通で10000円を渡してくれるのは破格』だと思うようにしておくと変なストレスを抱えずに済むと思います。

逆に初回デートの際の『交通費』を2万円、3万円要求するのはユニバース倶楽部の規約違反となり、強制退会の処分となる事もあり得ます。

より以上に渡したい男性、貰いたい女性は『お手当』として渡したり貰ったりするようにしましょう。

遠方の場合は飛行機代やタクシー代、宿泊費が出る場合も

上述した『デートの謝礼としての交通費』ではなく、名実共に交通費が出るケースもあります。

例えば、九州の女性に東京の男性がオファーし、都内でデートする場合等は、飛行機代と宿泊代が別途出ます。また、デートの開始時間の問題で終電がなくなってしまうような場合には、タクシー代が出る事もあります

これについては女性のプロフィールに『タクシー代を負担して下さるのであれば終電過ぎても大丈夫です』等と書いてあります。書いてない場合にはオファーの際に確認するようにしましょう。

SALONの場合

ユニバース倶楽部系列の超高級会員制シークレットサロン『TheSalon』の場合では、男性と女性のトークを経て『外出する』となった際に男性は紹介料を支払う形となり、そうなった場合に2万円が女性へ渡る形になります。

ちなみに男女どちらかがお相手を気に入らず、外出とならなかった場合には紹介料はなく、女性も謝礼は貰えません。

ここまでがユニバース倶楽部もしくはTheSalonでセッティングが成立した場合に女性は必ずもらえる報酬となります。次項以降ではデート後の『自由交際』になった後の『お手当』について解説して行きます。

食事のみのデートの場合のお手当の相場

ここからはデートが終わり、『自由恋愛』になった後のお手当について解説をしていきます。

大きく分けると『食事のみのデート』と『大人の関係ありのデート』に分けられます。

食事のみのデートの場合、お手当の相場は5000円~1万円となります。

大多数の男性は食事のみの場合、1万円以内という事が多く、食事のみのデートの場合、女性のクラス(※後述)によってお手当が変わる事は少ないです。

食事のみのデートではお手当がナシなこともあり得る

食事のみのデートで女性が高級店を希望した場合等は、お手当がないという事もあり得ます。

そうでなくとも、デート中に失礼な態度を取ってしまった・・・と言った事でお手当がナシになるという事もないとは言えません。

大人の関係なしのデートは実は非常に難しく、貴女といる事で男性が満足できないと長続きする事は難しいですし、そもそもそれでお手当を沢山貰う為にはキャバクラ嬢を凌駕するトークスキルが問われてきます。

その道のプロであるキャバクラ嬢でさえも食事のみのデートは難しいものですので、食事のみのデートはそう言うものと認識しましょう。

茶飯で○十万円はインチキ

女性の中には『食事だけで○十万円欲しい!!』という人もいるかも知れません。

それは絶対に無理・・・とまでは言いませんが、西野七瀬や白石麻衣クラスのルックスを備えていない限り、ほぼムリと思って頂いて差し支えありません。

この記事の冒頭でも少し書きましたが、SNSやネットで散見される『男性とご飯食べただけで〇十万貰った(゚∀゚)』はインチキです。

それを夢見る女性には大変申し訳ないのですが、そんな人がいるわけもないのです。百歩譲って仮にいたとしても、目の前にいる男性はそうではない可能性が非常に高い・・・と申しますか、そうではないのが普通なのです。

そう言ったインチキ情報はスカウトの人やアフィリエイターが女性を釣りあげるためのデマですので、いい加減な情報に惑わされないようにしましょう。

ちなみにユニバース倶楽部では『茶飯で○十万』はムリでも『茶飯で2万円』くらいなら出してくれる人もいます。

現実を知らずにインチキな情報に惑わされていると『ご飯だけで○十万だわ~』と期待していたのに1万円だった時に不満を感じてしまい、それを口に出してしまってトラブルになったり、ストレスになったりしてしまう事もありますので、基本的に『茶飯は1万円』くらいのつもりでいるようにしましょう。

大人の関係ありのデートの場合のお手当の相場

食事やお茶だけでなく、大人の関係(=セックス)に発展するという事もあります。

大人の関係も含んだデートをする場合のお手当の相場について解説して行きます。

ユニバース倶楽部の女性のクラスとは?

ユニバース倶楽部では、女性会員は4つのクラスに分けられます。

  1. スタンダード

  2. ゴールド

  3. プラチナ

  4. ブラック

上記のようなクラス分けとなりますが、スタンダード→ゴールド→プラチナ→ブラックの順でクラスが高くなります。

主に容姿が基準となりますが、『芸能関係』や『CA』『女子アナ』等の場合には純粋な容姿に比べてクラスが高くなる事もあります。

基本的に女性のクラスが高いほどお手当も高くなると考えて差し支えありません。

ユニバース倶楽部女性のクラス別のお手当の相場

私の実体験に質問箱の回答、ユニバース倶楽部会員の友人の意見を考慮したユニバース倶楽部のクラス別の大人の関係ありのお手当の相場の目安は以下のようになります。

  1. スタンダード:2~3万円

  2. ゴールド:3~4万円

  3. プラチナ:5~6万円

  4. ブラック:7万円~10万円

  5. SALON:8万円~青天井

地方になると上記の相場の目安よりも安くなります。

なお、TheSalonのお手当はこちらが希望する相手の特性(芸能関係とかCAさんとか)によって、物凄く違いがあります。8万円~としたのはユニバースのブラック女性よりも多い金額にはなるという意味・・・となります。

ユニバース倶楽部の女性は自分のクラスが分からない

ユニバース倶楽部の女性会員は自分自身のクラスが分からないようになっています。

なんでこんな仕様にしたのか?という議論はさておき、この事が男女間のお手当に対する齟齬に繋がるケースが多いです。

ただ、全く分からない・・・というわけではなく、オファー頂いた男性のプロフィールを確認し、男性のクラスを見る事で女性自身のクラスを推測する事は可能です。

何故か?というと・・・

  1. スタンダードの男性会員:スタンダードの女性にのみオファー可能

  2. ゴールドの男性会員:スタンダードとゴールドの女性にオファー可能

  3. プラチナの男性会員:スタンダード、ゴールド、プラチナの女性にオファー可能

  4. ブラックの男性会員:全クラスの女性にオファー可能

・・・となっています。

この事から、もし貴女がプラチナだった場合、貴女にオファーできるのはブラックとプラチナの男性会員のみとなります。

ブラックとプラチナからしかオファーがないのであれば、ご自身のクラスはプラチナの公算が高い・・・という事になります。

ゴールドの男性からオファーが入った事があるのであれば、ご自身のクラスはゴールド以下という事になります。

お手当の決め方

ユニバース倶楽部で出会った男女が2回目以降のデートや大人の交際を含むデートをした場合、大きく分けて以下のような形でお手当を決めます。

  1. 男性から女性に金額を提示

  2. 女性から男性に希望額を提示

男女どちらから先に希望を言うか?というだけの違いですが、どちらが良くてどちらが悪い・・・というものでもありません。

男性から女性に金額を提示

男性は女性のクラスを知っている為、ここまで解説してきた相場付近の金額を提示している事が多くなると思われます。

貴女の事がよほど気に入ったという事であれば、相場以上を提示してくる男性もおります。

男性が適正な金額を提示してくれれば、みんなハッピーなんですが、男性によっては相場より安い金額を提示してくる人や貴女の事が気に入らず『気に入らないけどこれくらいなら・・・』という感じで安い金額を提示してくる人もいます。

女性の皆さんは、ご自身のご希望に見合わないのであれば勇気をもってその旨をお伝えして、交渉しましょう。何事も最初が肝心で後から増額を申し出るのは難しい場合もあります。

男女ともあまりにも相場から掛け離れた金額を提示するのは考え物ですので、実情に見合った額を提示しましょう。

女性から男性に希望額を提示

女性から希望額を伝えるケースや男性から聞いてくれるケースなどがあります。

基本的に女性が希望を伝えれば良いのですが、前述したように女性会員はご自身のクラスが分からない為、主観でお手当を設定する場合が大半です。

クラスに見合ったお手当を希望する分には構いませんが、クラスと掛け離れた額を希望してしまうと解散となるか、その日は大人の交際に発展しても二度目以降はない・・・という事になります。

この際、男性が少し高い・・・と思えば、交渉を持ちかけて来る可能性もあります。

そのような際には、あまり固執せず、歩み寄る事も必要です。

男女共にお手当に納得がいかなければ勇気をもって撤退を

どうしても、お互いの希望が折り合わない場合には、縁がなかったと思って撤退しましょう。

この際、男性は女性を罵ったり文句を言ったりして傷付けずにスマートに解散しましょう。女性も、ケチな男性と思わずに交通費は貰えるわけですから感謝の気持ちを持って解散しましょう。

男女の関係に発展しない事が続く時

何度デートしても、男女の関係に発展しない・・・という事もあります。

そのような時は、お手当の設定が間違っている可能性が高いので、相場等を勘案しながらお手当を見直す事も必要です。

ユニバース倶楽部のお手当の相場は『試用期間のお手当』と考えよう

ここまでユニバース倶楽部のお手当相場のお話をしてきました。

女性の皆様の中には『安すぎる!』と感じた方も『もっと欲しい!』と感じた方もいるかもしれません。

お手当についての私の考えを述べますと、『ユニバース倶楽部のお手当の相場は会社員で言えば試用期間の給料に過ぎない』という事です。

考えてみて欲しいのですが、貴女が会社の経営者であったら採用したばかりの人に対して、高額な給与を支払うでしょうか?数か月仕事ぶりを見て、正式採用となれば待遇を見直すのが普通ではないでしょうか?

お手当の相場というのは、お付き合いしてみたいけど、まだどういう人か分からないし・・・という場合に暫定的にお手当を設定するための目安に過ぎないのです。お付き合いを続けた結果、良い関係になれたなら『相場』など関係ないお手当を得る事が出来ます。

女性は『相場』の金額にがっがりせず、お相手の男性にとってのご自身の価値観を高める事でご希望のお手当を得られるよう努力しましょう。男性は『相場』の金額に捉われず、ご自身にとってのお相手の女性の価値観を勘案しながら適宜お手当を見直す柔軟な姿勢で対応しましょう。

まずは正式採用を目指す

まずはお相手の男性にとって大事な存在となって、『正式採用』を目指しましょう。

『試用期間』が終わって『本採用』となれば、当然、お手当も増額になりますし、お手当以外にも物品やら何やらの福利厚生費(笑)も付く可能性もありますし、多数の男性とお付き合いをすればするほど性病などのリスクも高まってきますので、まずは目の前にいる男性の大事な存在となる事を目指しましょう。

お手当の交渉はプレゼンと心得る

お手当増額の交渉をする際には、ただ『○○円にして下さい』とお願いするような交渉はやめましょう。

そう言った感じの交渉をされると男性側としては判断のしようがなく、時と場合によっては不快と受け取られ、お別れとなってしまう可能性もあります。

お手当増額の交渉は話術だけでするのでなく、『私といたらこんなに楽しい時間を過ごせますよ』というプレゼン(=楽しいデートをして男性を喜ばせる)とセットでするように心掛け、時に男性の希望も聞き入れながら交渉して行きましょう。

初回デート時であろうが、ある程度デートを重ねた後であろうが、お手当の交渉が下手な人は『今現在の自分の価値にお金払って!』という上から目線の交渉をしがちです。

絶世の美女であればそれが通用する場合もありますが、自分がテイクする事ばかりを考えず相手にギブする事もセットで考えて行くようにする事が肝要です。

お泊り、旅行、買い物などをした場合のお手当について

関係性が深まってくるとお泊りデートや旅行、買い物デートなどをする機会もあると思います。

その場合のお手当は通常通りの都度払いだと、どちらかにとって不満が出てしまう事もあります。

このパートでは、お泊り・旅行・買い物デートそれぞれについて、男女双方の立場から考察しながら合理的なお手当の決め方について考えて行きたいと思います。

お泊りデートのお手当

比較的初期の頃から誘われる可能性のあるお泊りデートですが、この際のお手当はどうするべきなのでしょうか?

女性側からすると・・・

  1. 拘束される時間が単純に長くなる

  2. Hを複数回する公算が高い

という理由で、通常のデートよりは多いお手当を希望したい所かと思います。

一方で男性は、(悪意があるわけではないけれども)通常時のお手当でと考える方も割と多い気がします。

お泊り時のお手当に正解はないわけですが、お泊り時のお手当を増額しない男性は女性受けが悪い・・・という事は言えます。

そう言う男性の心理は・・・

  1. 泊まるけど1回しかしないから通常時と同じ

  2. Hの回数でいくらではなく1回のデートでいくらという認識でいる

・・・と言うもののようです。

どちらも一理あると言えば一理あり、Hの回数でお手当が変わるなら日替わりのデートでも何回かすればお手当が変わるのか?みたいな話にもなります。

私個人は、お泊りの場合、お手当は通常時より上乗せしてお渡しするべきと思っておりますし、実際にそうしてもいます。

ただ、そうでない人もある程度以上の割合でおり、どちらに正当性があるというものではありません。

詰まるところ、しっかりと話し合って決めるしかないわけですが、男性は『Hの回数が増えるから増額』『拘束時間が長くなるから増額』といった事を言われるのを嫌う人が多いです。

女性としての本音がそれであったとしても、それを言ってしまうとお付き合いそのものを失う事もあり得ますので、お手当の増額をお願いする際には言い方に細心の注意を払う必要性があります。

元々のお手当が高額な場合等は杓子定規にお泊り増額を言い出さず、男性のリードに従って信頼を勝ち取る方がトータルで見るとプラスになる事もあります。『損して得取る』のスタンスも時に重要です。

お泊りの場合の増額を考えた時、通常のデートの2倍となると単純にデート2回分なので男性側にすると『コストパフォーマンス悪いな』と思うかも知れませんので、現実的には1.25~1.5倍程度で交渉すると男性も受け入れやすいように思います。

旅行デートのお手当

関係が深まってくると国内外を問わず、旅行に誘われる事も出てきます。

旅行デートは一般的なお泊りデートと違い、特に海外旅行の場合等は旅費が高額だったりする事もあり、お泊りデート以上にお手当が難しいと言えます。

考え方として・・・

  1. 旅費や宿泊費にお手当が含まれているのでお手当なし

  2. 旅費や宿泊費とお手当は別

という考え方があります。

どちらかというと前者は男性側、後者は女性側に支持されそうな考え方ですが、ここについても正解はなく、お互いの話し合いで決めるべきであるわけですが、旅行先で何をするのか?等と言った事によっても変わってきます。

例えば、旅行先で美容系の施術などを行い、その代金は男性持ち・・・と言ったような場合、旅費・宿泊費・美容の施術代に加えてお手当も取る・・・という事になるとさすがに男性にとって過酷すぎますので、そのような時はお手当はナシとしても良いかと思います。

逆に国内の近場への小旅行などの場合で、宿泊費などがそれほど嵩んでない場合はお泊りデートの際と同様にお手当を増額した方が良いケースもあり得ます。

身も蓋もない言い方をするとケースバイケースという事になってしまうのですが、旅行先でやりたい事+お手当で1日〇万・・・と言ったような決め方をするなど、柔軟性を持って決めて行く事が肝要です。

私は・・・

  1. 国内旅行:旅費 + お手当は通常の1.25倍~1.5倍(ケースバイケースで2倍という事もありました)

  2. 海外旅行:旅費 + お手当は1日辺りの予算制。予算の中で好きな事をして余った分をお手当として支給

という形を取ることが多いです。ただ、これもケースバイケースで半同棲のレベルの方などの場合、これとは違った感じになります。

買い物デートのお手当

関係性が深まるとお買い物に一緒に行くようになる事は割とあります。

女性にとっては現金以外のお手当を得られるチャンス、男性にとっては実質的なお手当アップという事で、買い物デートに行けるようになるか?は男女の親密さを計るバロメーターともなり得ます。

この場合のお手当はどう言った形で取り決めて行けばいいのでしょうか?

大きく分けると・・・

  1. お手当は物品で渡してるわけだからお手当はナシ

  2. 買い物とお手当は別

・・・と言った感じに分けられるかと思います。

仮にお手当が5万円で3万円の物を買ってもらった場合とお手当が5万円で10万円のものを買った場合では事情が異なります。

お手当が5万円で3万円の物を買ってもらった場合はお手当を別途渡さないと女性がしょんぼりする形になりますので、お手当よりも安いものをプレゼントした場合には別途お手当をお渡しするべきかと思います。

この際、お手当とプレゼントの金額の差額を渡す(上記の例だと5万円 - 3万円 = 2万円)として、お手当の総額は変わらないようにする・・・という考え方もあるわけですが、この場合、女性にとっては『お手当もらって自分で買い物行っても一緒』という事になる為、女性からすると嬉しさ半減です。

こういったケースでは、買ったものの半額をお手当から引く(上記の例では 5万円 - 1.5万円 = 3.5万円)するなどして女性にお得感を与えてあげられるようにする事が肝要です。

男性側の裁量となりますが、女性に対する信頼度や懐具合の問題で『買い物とお手当は別』としない場合には、男女どちらかが不利にならないようにお互い歩み寄りながら決めて行きましょう。

次に『お手当が5万円で10万円のものを買った場合』のようにお手当よりも高額なものをプレゼントしたケースではどうすればよいでしょうか?

ちなみにこのシュチュエーションはブランド品類を進呈した時などに割とよく起こります。

お手当を超えるプレゼントをした時に更にお手当も通常通り要求される・・・となると男性目線ではカネカネしさがMAXに感じられてしまって、お別れの原因となる可能性も出てきます。

せっかく、買い物を一緒に出来る関係になったわけですから、女性もあまりガツガツせずにお手当については男性に任せて文句を言わない等の配慮も必要かと思います。

このようなケースでは女性は『男性に任せる』ことを基本線に、男性は別途現金でお手当を渡さない場合や通常より少ない額を渡す場合には『ごめんね。今日奮発しすぎちゃったからいつもより少ないけど勘弁して』等とちゃんとフォローをするようにしましょう。

いずれにしても、買い物に行く前にお互い話し合ってしっかりと取り決めておくことが大切です。

プレゼントをもらった次のデートが大切

高額なプレゼントをもらったら、『シメシメ』と思うのではなく、次のデートの日程を出来る限り早期に女性から提案しましょう。

高額なプレゼントをすると男性側には『これで良かったのか?』『欲しいものを手に入れたらいなくなったりしないか?』という不安が少なからずあります。

男性側のそう言った不安な気持ちを払拭する為に出来るだけ早いタイミングで次のデートの日程を女性から提案しましょう。

この際、『○○さんの事が好きになってしまったので今日は泊まりたいです。お手当はいつもと一緒で良いです』と言ってみたり、女性から安くても良いので何かしらのプレゼントをしてみたりすると効果的です。

逆にやってはいけないのは・・・

  1. 高額プレゼント貰った瞬間に仕事が忙しくなる(笑)

  2. 高額プレゼント貰った次の日に親が危篤になる

  3. 高額プレゼント貰った途端レスが遅くなる

・・・と言った事になります。

高額なプレゼントを貰ったら、女性は意識的に『好きアピール』をする事を心掛けましょう。

そうする事で男性はより貴女の事を大切に思い、結果的にトータルで得る事が出来るものが多くなります。要はプレゼントをもらって嬉しかった分だけ、男性を喜ばせてあげるというギブの精神が大切です。

長期交際になるとお手当が月極になる事も

お付き合いが長期になってくるとお手当が月極になる事もあります。

多くの人はここに到達する前にお別れになってしまう事が多いと言えます。私のこれまでの実体験からしても、お手当が月極になるまでの関係性にまで発展するのは20人に1人いるかいないかです。

私はユニバース倶楽部の元プラチナ会員の女性と長い期間お付き合いをしていた事がありますが、その方のお手当は以下のような感じで変化して行きました。

  1. 初回デート時~3ヶ月目迄:都度6万円

  2. 交際3ヶ月経過:都度8万円 + デート時の買い物代(アベレージでデートごとに3万円ほど)

  3. 交際5ヶ月経過:月30万円 + デート時の買い物代(アベレージでデートごとに3万円ほど) + 1~3ヶ月に1回海外旅行

  4. 交際8ヶ月経過:半同棲開始、家賃・水道光熱費等の生活費 + 月30万円 + 買い物・旅行は全額私の負担

デートの頻度は多少の前後はありながらも、月平均にならせば3回ほどであったので、最初期は月18万円であったものが半同棲開始時には物品・生活費迄入れると80万円オーバーという所まで増えています。

月極の際のお手当の目安

一概に言えないのですが、月極の場合、私と友人の実体験からすると月3~5回会って20万円~というのが目安となります。

上限を書かなかったのは、正にケースバイケースであり、定型化できるものではないからです。

月極にする所まで来たお二人なら、十分にコミュニケーションが取れる関係になっていると思いますので、しっかり話し合って決めて行きましょう。

そうは言いながらも壁はある

そうは言いながらも所々にある程度の壁はあり、50万円以上ともなると『半同棲もしくは同棲』をするような関係性もしくはそれに近しいお付き合いでないと壁を突破するのは難しくなります。

月50万円のお手当というと年間600万円となりますが、これは40代後半から50代のサラリーマンの(税引き前の)平均年収に相当します。

この金額をお手当としてもらいたいのであれば、それ相応の努力が必要で、『月に3回会って泊まらずに帰りたい』と言ったお付き合いの仕方だと、この壁を超えるのは困難だという事が分かると思います。

芸能人の方などであればそう言ったお付き合いの仕方でもあっさり壁を越えていける人も存在ますが、この記事ではあくまでも芸能人ではない一般の方向けですので、芸能人の方などはこの限りではありません。

まとめ:男性は柔軟さを女性は謙虚さを持ちましょう

以上、ユニバース倶楽部並びにパパ活のお手当について解説してきました。

パパ活をする多くの男性・女性が勘違いしているの事は、男性は『相場』で最初から最後まで貫きたがるし、女性は『相場』を無視して最初から自分の希望だけを押し付けたがるという事です。

お手当は『信頼関係』の高まりに比例して上がって行くものだと言う考えを持つように心掛け、男性は『相場』に固執することなく柔軟に女性は謙虚さを持ってどちらかの意見を押し付けずにお手当を決めて行きましょう。

ユニバース倶楽部男性会員並びに質問箱回答者の『壮絶パパ活紳士』と申します。気ままなアラフォー独身。若い女の子を甘やかしております。パパ目線から『パパになりたい男性』と『パパ活したい女性』へ向けてリアルな情報を配信したいと思ってます。